平安堂薬局の創業 初代 清水榮助

和歌山県出身の清水榮助は、江戸の薬種問屋で修業したのち、明治3年(1870年)横浜・関内の日本人居住地区、馬車道に、出身地名から、屋号を紀伊国屋(キノクニヤ)薬舗と称し開業し、主商品・家伝薬「上気平安湯」を製造販売いたしました。

また当時の内外の医薬品、生薬などの販売を行いました。
当時は輸入品の中にも粗悪品が多かったが、自家製剤「上気平安湯」は評判がよく、製造した商品は、横浜以外の地域からも要望があり、製造日の午前中にはその日の製造品は完売したと伝えられています。

馬車道は弁天通りと同様に当時関内では大層にぎわいのある地域で国内外から多くの商品が流通し、また新たな商売を模索する人々であふれていました。

現在の製薬会社などこの地域から発展していったグループも少なくありません。

2代 薬剤師 清水榮助(新太郎

2代清水榮助(新太郎)は日本で初めて薬舗開業試験(現在の薬剤師国家試験)に合格した薬剤師では薬剤師免許状49号に登録されました。明治26年には、創世期の日本薬剤師会で委員となり役割を果たしたということです。神奈川県薬剤師会3代目又5代目会長として薬剤師会発展の基礎つくりに寄与しました。

当時、製造販売されていました、家伝薬「上気平安湯」は処方内容の伝承はありましたものの、商品そのものは関東大震災、第二次世界大戦災を被り残っておりませんでした。

そのころ日本からアメリカ大陸への移住者は、多く横浜から渡航しましたが、その折に多くの渡航者が「上気平安湯」を持参薬として携えたそうです。

海外へ向かう人々の安心へ寄り添う薬となったのです。1996年、横浜地元の方から情報をいただきアメリカ、オレゴン州、ペントというリゾート地の自然博物館(ハイデザートミュージアム)に「上気平安湯」が展示されていることをしり、訪問して約90年以上の時を超えて対面することができ薬剤師として医薬品に対する思いを形を通して知ることになりました。

薬剤師・2代目清水榮助が自信を示すつくりとなっており、展示13個の中で持ち帰りを許された2品は現在、岐阜県各務原市の内藤くすり博物館に、清水藤太郎先生の薬学関係等蔵書約6000冊の[平安堂文庫]と共に保存されています。

3代 薬剤師 清水藤太郎

3代、清水藤太郎は、宮城県仙台市の生まれで、19歳で薬剤師国家試験に合格しましたが未成年で登録許可が下りず20歳になって薬剤師登録を許されました。(登録番号2799号)

東北大学の前身の仙台医学専門学校薬学科、佐野義職教授の助手として採用され、独学で薬学を学び、薬剤師国家試験に合格し、免許状を手にしました。記憶力・ 想像力そして創造力ともに秀でており、又努力を怠らない研究姿勢に多くの先輩方が次第に後援者となって、後の清水藤太郎はその能力を益々開花させていったではないかとも考えられています。

佐野教授からの推薦で20歳から神奈川県庁に技師として勤務、薬品取締り・飲食物取締りの巡視等、検査業務等各方面に成果をあげ活躍の後、平安堂の前身、紀伊国屋に入りました。

最初の取り組みは、伝統的な薬舗構造の店舗を近代西洋型の薬局構造へと店舗改装を断行したことです。

家伝薬「上気平安湯」の評判により、人々から店の名が「ヘイアントー」と呼ばれていたことから、店舗名を[平安堂薬局]と改称、現代型薬局へ変換し、その運営・経営に心血を注ぎました。

この時点で、家伝薬製薬業への道を選ばず、薬剤師業務の薬局に家業の方向は定まったものと考えられています。 一方、日本薬剤師会においても、、また神奈川県薬剤師会会長として18年間、薬剤師の視点を軸に尽力し続けました。

清水藤太郎は薬学一般から調剤学、薬剤学、薬局経営学、薬局方など実践学として薬学の学術基礎つくりに尽力し、又薬学ラテン語の語学、薬剤師の一般教養に関しても言及し、幅広い知識の下、教育・啓蒙を行った数少ない薬学者です。

又漢方の衰退を憂い、志の高く、固く深い大塚敬節先生、矢数道明先生、湯本求真先生など漢方臨床医と共に薬剤師の観点から多く関わり、今日の隆盛な漢方薬存続の礎を築いた一人でもあります。

自身の言葉のとおり、[私は何よりも前に一薬剤師であります]という変わらない意識と実践行動に裏打ちされた薬学者であり、薬剤師だったのです。

先生の残した著書や言い伝えなど伝承などの中に、開局薬剤師の本分領域が閉ざされていた時代にも、私たち<薬剤師>がすすむべき道を示唆した内容は多く、いかに未来の<薬剤師>を叱咤激励し、応援していたかを知ることができるのです。

多くの薬学者、薬剤師の先生方の温故知新に[平安堂文庫]が活用されれば清水藤太郎先生の本望とすることでありましょう。

明治19年(1889)[日本薬局方]の誕生と共に生を受け、共に歩み、昭和51年(1976)90歳の生涯を全うしました。

平安堂薬局として新たな未来像を描きながら、現場構想、器具機械、法規範等への姿勢と実践そして教育と薬局業務経営活動に関わる[ひと][もの][かね] の経営三原則のバランスその内容[薬剤師のあり方、医薬品・調剤に関する薬学的薬剤学的学問基盤の創造、薬局経営の経済性に関する]を教授し、これらを永続させていくスピリッツを与え、私たちに残した業績は計り知れません。

東邦大学や東北薬科大学で講義を受けた多くの学生が後にその講義から受ける具体的な薬学の実践学や人柄に感銘を受けて、いつもその教えを実践していったと いう話をうかがうにつれ、このような人材を輩出した平安堂薬局に属する私たちは次世代に伝えていかなければならない義務を感じ精進しなければなららないことを決心させられるのです。

その精神を受け継ぎ、新しいことに臆せず挑戦し、常に新たな道を模索している平安堂の精神基盤はこの2代、3代の経営者によって作られました。

平安堂薬局のみならず、薬局のあり方、薬剤師のあり方などその精神を感じながら、新たな業務展開の中で私たち一人一人の薬剤師が目覚め、創造していく時代に入っていることを確信させられる毎日です。

4代 薬剤師 清水不二夫

4代、清水不二夫は15代神奈川薬剤師会長や日本薬剤師会理事を務める一方、震災から多くを学び地域防災知識を平安堂従業員に伝えました。

特に敗戦後の平安堂薬局再建復興と街つくり事業に没頭しました。又常に処方せん調剤を中心とした薬局機能と薬剤師業務に関して薬局構造に心し、又啓蒙活動のサポートをしてきました。

薬剤師会活動では薬剤師賠償責任保険の創設にも尽力しました。

父である藤太郎の年齢を超え、94歳まで、毎日薬局現場に立ち寄り、薬局業務の動向に関心を深くし、勤務薬剤師や実習生などを励ましました。

平安堂薬局では昭和初期から、処方せん(当時は外国人医師からが多かったとのこと)を受け付けて薬の調達や薬剤調整などの調剤業務も行ってきた経験があり、保険制度ができてからは保険薬局として月10~30枚程度の保険調剤や自費調剤を受け付け続け、今日のような医薬分業推進へ向かって、医薬分業への意欲を削ぐことはありませんでした。

5代 薬剤師 清水良夫

清水良夫は昭和51年から、主事業を処方せん調剤と再認識し、本分としての薬剤師業務とその関連事業で真に活路を見いだすべく業務を再検討し、馬車道本店を含め7店舗の展開を図り、その実践に当たってきております。

開局薬剤師の業務革新のための施策や未来の薬剤師技術、又薬局や開局薬剤師の社会的役割、薬剤師の業務姿勢などこれから先のあり方にも取り組み、新時代の要望に沿っていくため今日も社員と共に進化、深化を続けるべく努力を重ねております。

漢方を清水藤太郎、石原明先生に師事し、また千葉大学東洋医学研究会に属して多くの先輩の知己を得、薬局漢方のあり方を考え又薬局製剤に関して常に薬剤師としての取り組みを忘れることなくに日本薬剤師会活動を支援しております。

平安堂の更なる100年を目指し、新世紀の薬剤師業務に思いを深くすれば、可能な限り自らを見直さなければならず、積極的に[平安堂改革]を推し進めている今日です。

又職域から地域への社会貢献や社会的な活動も社員と共に進めて参りました。地域薬局のある姿を新たな姿で求めていく試みを始め続けております。

この先、確実な薬局活動、薬剤師業務の発展を自ら考え、実践し果敢にまた真摯に取り組んでいく姿勢は初代から受け継がれたものと横浜という地域から受けた気風であり変わることはありません。

常日頃の皆様のご指導、ご鞭撻に感謝申し上げ、一層のご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

6代 薬剤師 清水聖子

地域の存在として薬局が有用であり、薬局薬剤師が地域住民の役立つ存在がどのような機能と職能に彩られていなければ十分とは言えないのでしょうか。

永年伝承されてきた薬局のあり様は人々の要望により変化し続けることになっていくことと思われます。

治療薬を主に調剤薬局が薬局の姿と思われていらっしゃるお客様も多いのですが、治療薬のみならず、一般薬や漢方薬、民間薬なども含めすべての医薬品は元より、健康・衛生・介護などに関わるサプリメント、医療機器・用具、食品など薬局は体をめぐる様々な情報や商品を提供できる地域のオープンスペースでもあります。

『まず薬局へおいで下さい』と3代目清水藤太郎もアメリカ薬剤師会のスローガン『Try a pharmacy first』を当時導入し啓発に努めた経緯があります。

もう一度と医薬分業と共に忘れられかけている頼りになる薬局薬剤師の姿を追い求め、先輩方の偉業を学び直し新たな役立つ薬剤師への変身を遂げていきたいと実践と振り返りの業務に取り組みが始まりました。

全ては素晴らしい人によって育まれるものでございます。

その分簡単ではございませんが、少しずつ仲間をつくり、協力し、助け合って次の一歩に踏み出してまいります。

防火建築として戦後建設され60年以上も馬車道で親しまれてまいりました商栄ビルも建て替えが近づきつつあります。

新たな業務をより豊かに進めていくためにも多くのIT機器類の導入や人の温もりを感じるアナログ的サービスの展開などやるべきことが山積みですが皆様の喜ばれるお顔や思いを実現するべく社員ともども頑張りたいと思います。

又地域社会の中で先代から続けている薬剤師視点を忘れない、薬剤師らしい技能集団としての社会貢献に努めてまいります。

よろしくお願い申し上げます。