花粉症の漢方薬

3月になり、花粉症もいよいよ本格シーズンです。

花粉症の皆さん、対策は大丈夫ですか?

世間には様々な花粉症グッズが出回っていますが、

ここでは花粉症(主に鼻炎)にお勧めの漢方薬をご紹介します。(^-^)

 

漢方薬は長く飲まないと効かないと思っているそこのあなた!

そんなことはありません。漢方薬にも風邪などの急性症状の為の

薬は沢山あります。体質に合えば30分くらいで効いてくるんですよ。

 

西洋薬を使ってもいまいち・・・という方は、ぜひ一度お試しください。


●小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

透明な鼻水が勝手に流れてしまい、ティッシュが手放せないような方にお勧めです。

筆者はこれでかなり助かっています。

涙目やサラサラした痰が出る咳にも効果的です。

 

●麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)

同じく、くしゃみ、鼻水などの症状に使われますが、どちらかというと

より体力が落ちている方やご高齢の方に使われます。

寒気や喉の痛みを伴う風邪にも使われます。

 

●葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

風邪や肩こりの漢方薬として有名な葛根湯を元にした処方です。

鼻づまりの症状に効果的です。体力は中等度以上あり、

首や肩が張っている方に使われます。

 

●辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

こちらも主に鼻づまり等に使われます。鼻水は粘度が高く

鼻が熱を持っていて、涼しい場所の方が症状が楽になる方に

お勧めの漢方です。

 

他にも、長く続けてアレルギー症状が出にくくなるよう、体質改善を

目指す漢方薬もありますので、気になる方は薬剤師にご相談ください。

 

この記事を書いてる人
栗きんとん
超不器用ながらも日々修行中の薬剤師です。 パフォーマンス観賞大好き!ここ暫くはヨーヨーや大道芸がお気に入りですが、フィギュアスケートから工事現場まで、素晴らしい技術を発揮出来る方達はみんな格好良くて尊敬します。