知っていますか?セルフメディケーション税制

皆さん、医療費控除という制度をご存じですか?

 

生計(生活費の出所)を同じとする親族が支払った医療費が

年間合計10万円を越えるとその越えた分が所得から控除されて

税金が戻ってくる制度です。


この制度は金額の高さもあり、時々病院に行ったり薬を買う程度では

まず適用されることはありません。

ギリギリ足りずに残念な思いをする人も多いと思います。

 

しかし、平成29年1月1日からセルフメディケーション税制という、

より控除の対象が広がる制度が始まりました。

 

最近、薬局で販売しているお薬にこの様なマークが付いているのを

見たことはありませんか?


 

このマークが付いている商品を1年間で税込み1万2千円以上購入すると、

その越えた金額分が8万8千円を上限に所得税対象額から引かれて

税金が戻ってくる仕組みです。

薬局で対象商品を購入したレシートや領収書は家族の分も捨てずに

取っておきましょう。

 

ここで間違えやすいのが「越えた金額がそのまま返って来るわけではない」ということ。

例えば、控除額が5万円だった場合、所得税を10%払っている人なら戻ってくる金額は5千円です。

 

この制度には健康増進および予防への取り組みをしている事が条件なのですが、

インフルエンザの予防接種や、会社・市町村で行っている健康診断も

対象になるので多くの方がこの条件を満たせると思います。

 

このセルフメディケーション税制は、従来の医療費控除と同時には出来ないので

両方の条件を満たせる方はどちらかよりお得な方を申請してください。

この記事を書いてる人
栗きんとん
超不器用ながらも日々修行中の薬剤師です。 パフォーマンス観賞大好き!ここ暫くはヨーヨーや大道芸がお気に入りですが、フィギュアスケートから工事現場まで、素晴らしい技術を発揮出来る方達はみんな格好良くて尊敬します。